日本重戦車type4はじめました

今回のバージョンアップの話題といえば、ドイツ戦車の全体的なbuffとtier9,10日重への15榴追加です(よね?)
アメリカ重TDがものすごく速くなったことなんかもありますが、まぁ気になるのは前記の2つかな、と。

実際、日重は8まではまだいいんですが、それ以降の特に10はあまり乗りたいと思わないような性能で、実際5式に関しては通常ルートで入手できるすべてのTier10車両の中で使用率が最下位だったそうです。
それじゃいかん、というわけで今回のBuffに至ったわけで、このBuffは期待できます。

という事で、O-HOで止めていた日重、4式を開発して乗り始めました。

この戦車に関しては乗る前と実際に乗った後で感想が結構違ったので、レビュー的に感想を書いてみます。
先に結論を書くと「そもそもBuff前から4式は強戦車。15榴いらないじゃん」です。

機動力:
この戦車のネックは機動力です。
ここまで日重に乗ってきていて重い遅いには慣れているのですが、4式は他の日重と比べても1段動きが重い印象です。
まぁ実際に車重が重いのである意味当たり前なのですが、O-NiやO-HOの感覚で乗ると「重!」と思うはずです。まぁ慣れますけどね。

攻撃力:
15榴が追加される以前、この戦車の攻撃力については、主砲である14cmの貫通力不足がよく言われています。
実際、wikiを見ても強化APでも282mmしかないためときどきどうしようもなくなる、という記載があるわけで、私もそう思いこんでいました。
私、貫通の低い戦車がほんとに苦手ですからこの戦車もそれを嫌っていままで乗ってなかったわけです。

しかし、実際乗ってみると、あらあらどういう事でしょう
実際に戦場で使ってみると貫通282mmしかないこの戦車の14cmでほとんど貫通に困る事がありません。
理由を考えてみたのですが、一つはこの戦車の車高が高いため撃ちおろし気味になる事です。
このあたりのtierで硬いと言われている戦車の多くは、傾斜によりみかけ装甲圧を増している戦車がほとんどなため、撃ちおろし気味で撃つとその傾斜がゆるくなります。
昼飯の角度計算なんかをしたことがある方ならご存じでしょうが、たとえば傾斜が10度緩くなるだけで、見かけの装甲圧はガクンと減ります。
そういう事があるためか、この戦車の282mmはわりと貫通に困りません。

またAPCRは距離減退が大きいのですが、この戦車の金弾は強化AP。
距離減退が少ないため、特に距離があると額面の差ほどの貫通力の差がなくなるのです。

たとえばE75の貫通311mm金弾は500m先では貫通が263mmにまで減ります。貫通力の低下は15.5%。
一方この戦車の金弾は500m先で貫通は247mmで12.5%減
もともとの差が311対282だったことを考えればその差が縮まっているのです。

まぁこれは数パーセントの差にすぎませんが、こういういくつかの理由の積み上げにより貫通力にそれほど困らないのではないでしょうか。

結果として新規に追加された15cmを使わずとも14cmで困らないというのが正直なところです。

実際、15cmをフリーで開発し14cmと交互に使ってみましたが、15cmの威力1400の強力金弾が意外なほどダメージが入らない事がわりとあります。
まぁ相手がマウスとかだったりするので当たり前っちゃ当たり前なんですが。
もちろん15cmでよかった!と思うケースも多々あるわけで、それこそフルヘルスのEmilの側面貫通して一撃で吹き飛ばしたときは脳汁出そうなくらいテンションあがりましたし、ドヤ顔で豚飯決めてるtier10戦車の側面を撃つのは楽しいんですがwしかし、この2つの主砲の使用に関しては完全に好みでいいと思います。

誤解のないように書いておきますが、私O-I~O-HOまで日重はすべて15cmしか使用していない(しかも金弾使わないオールHEプレー)ガチガチの榴弾派です。
その自分ですら14cmでいいかも…と思わせるわけですから、この4式に関してはもともとの14cmで十分強かったんでしょうね。
まぁ「4式は強いよ!」という声はよく聴いたので、実際にそうだった、ってだけなんですが…

装甲:敵にしたときに硬くて硬くて難儀したイメージのある4式ですが、実際硬いです。
現在37戦乗って、装甲活用率が1.38
いや硬すぎでしょ…
自分のE75の装甲活用率が0.83しかないんでその差は歴然です…ってE75で無茶しすぎですかそうですか。

実装甲圧250mmは格下から見ればわりと絶望的な数字ですし、同格あたりの砲もわりかし弾いてくれます。
気を付けなくてはいけないのは、今までの日重と違って背面は相応に薄い事。
たとえばオイは全面150mm背面150mmとほぼ同じ数字だったので後ろをとられてもその姿勢のまま対応すればよかったのですが、この戦車は背面150mmで前面よりだいぶ薄いので後ろを取られるとガスガス貫通されます。しかし後ろにいる戦車に対応できる機動力はありませんwあきらめましょう。

基本的には装甲生かして前線ぐりぐり押し上げる戦車で、そういうプレーが好きな方には非常におすすめできます。

乗員:
乗り換えて知りましたが、なんとそれまでの日重と乗員構成が異なります。
無線手2人装填手1人だったのが無線手1人装填手2人の構成に。
これは困る…というわけで私はもう乗らないOI試から装填手をもらってきました。
私のように戦友大好きな人はこれはかなり困るので最初から計画しての乗員育成をおすすめします。

総論:強いです。主砲は14cmでも15cmでもお好みでどうぞ。ただしほぼフル金プレーになるためまず赤字にしかなりません。

拡張パーツ:
私は最初、スタビ、ラマー、換気扇で使っていましたが、今は換気扇を特大内張に替えています。
SPGに狙われやすいですし、特に格下は苦し紛れにHEを撃ってくるし、4式5式もHE撃ってくるし…で、こちらの方がいいかな、と思います。

乗員スキル:
現在こんな感じ。
私、日重は6感を最優先でとらなくてもいい派なので、1周目に全部戦友つけて2周目で六感つけてます。
スキルリセットなんかせず最初からひたすらたんたんと戦友つけるやり方です。(めんどくさいからw)
で今は3周目なのでやっとこ形になってきたところ。
O-HO乗り始めのときはかなり微妙なスキル構成だったことがわかりますねww

type4-man




















成績:
現時点(37戦)での成績はこんな感じ。まぁまぁといったとこです。
37戦のうち砲使用の内訳は1戦が12.7cm、28戦が14cm、8戦が15cmになります。
やっぱすごいのは装甲活用効率1.38ですよね
最前線車両のわりに敵発見数が低めですが、これは単に脚が遅いからでどうしようもありません。

type4






























といったところで、脚が遅いのはつらいですが、硬いのは正義で今回のBuff関係なくもともととても強かった4式戦車。
貫通282mmはやだな、と食わず嫌いなんかせずにもっと早くのればよかったです。

サンシャインdefender

新バージョンがアジアにもやってきて独ルートの変更&buffやら高tier日重の榴弾追加やらいろいろあるわけですが、話題の一つが「これOPすぎてやばいんじゃね?」と噂の課金戦車Object 252Uの追加です。

もし噂通りの強さであればすぐに販売中止になってもおかしくないはずのでとりあえず買って乗ってみました。
ぱぱっと5戦して、だいたいどんな戦車かわかったのでちょこっとレビューを書いてみます。

まず外見的な話
普通のObject 252Uはいいんです、普通の外見です。
まぁまぁかっこいいです。

しかし、塗装バージョンであるdefender、私単なる色違いだと思ってたのですが全然違いました。
サイドスカートとか全然ないんです。
ミニスカとかじゃないです。ノースカです。
パンツ丸見えなのです。

変態1

















変態2















こんな感じで前から見ても後ろから見ても横から見ても履帯が全裸状態です。
短パンの蛙、あるいはサンシャイン池崎に見えます。
すごい素敵性能です、あはん。

という事で、これからお買いになる方は「塗装の違いだけではない」事を頭に置いて買ってくださいませ。

さて、とりあえず5戦乗ってみましたが…

機動力:
機動力はIS-3よりちょい落ちってとこでしょうか、しかしまぁ同格の中ではかなり速いほうで十分です。

防御力:
噂の装甲はIS-3よりは確実に弾いてくれます…が言われてるほど固くもありません。
誰だよIS-7並みだとか言ってたのは…
車体が「あれ?」って感じで意外と同格にも貫通されますし、噂の砲塔も正面から見て右側正面が250mmほどしかないので同じObject 252の金弾で砲塔を真正面から撃てば簡単に貫通します。
(実際、同じObject 252を相手にしたときには硬いと言われる車体下も砲塔右前も車体も金弾でぼちぼち抜けるので、あまり困った事がありません。その程度の装甲です。)
同格HTでも金弾使えばそんなに困らないでしょうし、ましてや格上だと相手が舐めプしてこない限りまず抜かれます。
え、Emilですか、それは困りましたね…


とはいえ、それは近距離戦での話。
多少距離が離れるとそうそう都合のいいところにも当たらないのでなかなか弾いてくれます。
トップのときは本当に硬いし強いです。
しかしSPGが優先してガスガス撃ってきてくれるので、そういう意味でも硬さをいつも実感できるわけじゃない&初心者が乗るとあっという間に死ぬかもしれません。


火力:
噂の単発火力440はやはり強力です。
リロードはやや遅めですが、これくらいのリロードの戦車はわりとありますし、DPM的にIS-3とほぼ同じなのでそうそう困りません。
困るのは精度でしょうか。精度が悪いせいでIS-3と同じ貫通だとは思えないくらい弾かれる事が多いです。
近距離の殴り合い、特に格下相手だとどこにあたってもだいたいオッケーなので無双できますが、格上相手で距離があるとかなりしんどい事があります。
個人的にガバ砲が苦手なのでなおさら…ではあるのですが、しかしT-34やISなどの「これ無理」系のガバ砲と違って、とりあえず相手に当たる程度の精度はあるので、苦痛というほどではありません。

稼ぎ:
直接比べられないのですがT-34やレーヴェよりちょっと稼ぎが悪い気がします。
まぁ、ほぼフル金でも(勝てば)そうそう赤字にはならないのでいいんですが、しかし金稼ぎ目的にはあまり向かないかもしれません。
この戦車は赤字にならずに成績をあげるためのものなんじゃないかな。


総合的に見ればTierTOP時の無双力は最近の戦車では一番で実装直後のO-Iに近い感覚を思い起こさせます。(あそこまでではないけど)
しかも課金戦車だからnerfされる事はまずないんだぜ…
一方で、ミドルボトムの場合は装甲はあまりあてにならないのでIS-3レベルの普通のTier8HT。
逆に言えばIS-3並みには活躍できますから、十分な強さだと言えるでしょう。
しかも赤字にならないんだぜ…おいおい大丈夫かべいべー。

同格で比べると現在最強のIS-3を100としたとき103くらいの強さの戦車で(わからんわ!)、Tier8の全HTの中では現時点で間違いなく最強だと思います。
とはいえ、こんなの売っていいのか…というほどのレベルでもなく、同格以上なら砲塔正面が抜けますし総合的に販売前の噂ほどのOP戦車ではない現在のTier8HT内では最強だけどちょっとだけ強い程度の戦車です。

という事で5戦の成績です。
内訳はトップ2回、ミドル1回、ボトム2回でした。
100%勝ててるのはたまたまです。
装甲活用比率はやはり高め。(これはいずれ下がるのは確実)
命中率も(とりあえず当たるので)まあまぁです。
ちなみに拡張パーツは、スタビ、ラマー、換気扇。
乗員はT-10の乗員を使っていて、現在、戦友と個別スキル1つが100%。
3周目として現在修理をつけてる最中(ほんと付け始めなのでまだ40%前後)の乗員での結果です。
一般には修理を優先して付ける方が多いですが、私は継戦能力をあまり重視してない事もあって修理の優先度が低く3周目くらいにならないとつけません。

252成績

なぜオーヴァーロードの海岸線に行ってはいけないのか?


よく知られているマップのセオリーに「オーヴァーロードの海岸線に行ってはいけない」「修道院の川沿いに行ってはいけない」というものがあります。
(さっきtier8戦で、味方HTが全部修道院の川沿いに行くというwtfチームに当たったのでほんとによく知られてるかちょっと疑問なんですが…それはさておき)

まず最初に書いておきますが、基本的にこれらのルートは「1台もいかなくても」全く問題がありません。
むしろ「1台も行かない方が」戦力も分散せず集中運用できるため有利になります。
つまり「オーヴァーロードの海岸線に行く」「修道院の川沿いに行く」行為は、その時点で利敵行為になり、味方を負けに誘導しています。

よく「wn8はいいけど勝率は上がらない」とか「悪い事はしてないはずだけど」とか思ってる人がいますが、こういう「一見それとわからない」利敵行為はゲーム中に無数にあり、そういう行為の積み上げが勝率になって表れているのでしょう。

ではなぜそれらのルートに行ってはいけないのか?

個別のマップ解説では「ほかのルートに射線が通らないため遊軍になりやすい」というような解説も見かけますが、もちろんそれも理由の一つです。


しかし、もっと戦略的大局的な視点で、このルートに行ってはいけない重要な理由があるのです。


それは「このルートを進んでも最終的に勝てない」からです。
このゲーム、最終目標は「勝つこと」なので、「勝てない」ルートを選ぶ時点で負けなのです。


では、なぜこれらのルートを進んでも勝てないのか?


このゲーム、勝つためには「CAP勝ち」「敵を全滅」のどちらかが必要になります。

このうち「kill all」については戦略云々の話ではないので置いておくとして、重要なのは「CAP」の方です。

という事で具体的になぜダメなのかを「修道院の川沿い」で考えてみましょう。
さて、あなたが「修道院の川沿い」を進んで、運よくそのルートの敵を撃ち負かしたとしましょう。
よしよし。
さぁ、そこからどうやって勝ちますか?

勝つためにはCAPか敵の殲滅が必要になります。
いずれにせよこのルートを出てCAPサークル側に進まなくてはいけません。

しかしご存じのとおり、このマップのCAPサークルは川沿いより一段高いところにあり、さらにその向こうにCAPサークルを狙撃できる茂みポイントがしっかり用意されています。

川沿いからCAPサークル方向に出てくるところ、そしてCAPサークルに上がるところでカモ撃ちにされてしまい占領する事ができません。

つまりこのルートは、仮にそのルートの敵をせん滅しても、その後で勝つ方法がない「無意味な死ルート」なのです。
「しょうがないからここで待ち構えて殲滅にくる敵を返り討ちにしよう」とか思っても、いや相手もCAPしますからねw

というところでCAPされたとしてその防衛もこのルートからはできません。
自陣が占領されているとき、川沿いから上がろうとしても同様に上から撃ちおろされてしまいます。
占領できないルートなんだから、当然防衛もできないんです。

しかも、どこにもいけないからとこのルートにい続けても他への射線が通らないから味方を支援する事もできません。
完全な遊軍。

「勝ち負けに係る事もできないし、そこに居る事にも価値がない」
本当に役にたたないルートです。

オーヴァーロードの海岸線も全く同じ理由で「無意味なルート」です。
このルートも海岸線から上がろうとしたところで袋叩きにあいますからね。


もちろん、その時点で戦力比が10対5なんて状況になればそのルートから勝てるでしょうが、それは「ほかのルートを進んだ人ががんばった」から勝てたんであってそのルートを進んだ人の功績ではありません。
そのあたり、なまじダメージを取れてたりすると誤解しかねないのですが、いくらダメージを取ってもそのルートで稼ぐ成績は基本的には勝ちにつながらない無意味なダメージです。

WN8は上がっても勝率は上がりません(下がります)


他には、形こそ違いますが「ライヴオークの街」も同じ理由でNGルートです。

ここも「街で撃ち勝った後の展望」が見えないからです。

仮に街を取ったとしても、そこから敵陣に進むにしろ味方陣地を守るにしりろ、相手から丸見えの平原を進む必要があり事実上困難。
にっちもさっちもいきません。つまり詰みです。
このマップ、ゲーム終盤に数台で街に取り残された無能な連中が最後にKILLされる風景はよく見かけますよね。
あぁなってしまうわけです。

このように「このマップでここに行ってはいけない」とよく言われているポイントは
「そのポイントをとっても勝敗につながらない上に遊軍になってしまう」
事で共通しているのです。

一方、似たような形のルートであってもそこに行くことに意義があるルートがあります。

それは「のどかな海岸」の(あまりのどかではない)海岸線です。

このルートも今までのNGルートと同様、一見してほかへの射線が通らないだめだめルートに見えます。

しかしこのルートがそれらと決定的に違う点があります。
それは「勝ちへの道筋がちゃんとある事」です。

このマップのこのルートの場合、そこで撃ち勝ちさえすればそこからCAPサークルに進み占領する事が可能なのです。
逆に言えばここで撃ち負けると占領負けを喰らう事になるわけで、非常に重要なルートの一つです。

今までのマップと異なり、このマップのCAPサークルは周囲に山や線路があり、容易に隠れてCAPする事ができます。

このマップの最重要ポイントは1ラインの丘なのですが、仮にそこを取っていても、相手にCAPされた場合そこからCAPサークルを攻撃する事はできません。
そのポイントを捨てて自陣まで戻らないとCAP切りができないのです。

CAPする側としては隠れながら駆け戻ってくる奴と撃ち合えばいいわけですから俄然有利。
CAPしながら相手全滅も狙えます。

このようにこのルートは「積極的に前進して相手陣地をCAPする」事を前提に、有意義なルートなのです。


このように「一見似ているマップ」あるいは「一見似てないマップ」でも、そこが必要か不要かはマップによって異なっています。
基本的にはCAPサークル周囲の構造とマップ全体の構造を考える事でマップの中の不要なルートが見えてくると思います。


「ここで通行料がとれる」「ここからここに斜線が通る」などの戦術的な理解も必要ですが、このように戦略的な視点でのマップ理解も重要だと思います。

WOTオススメマウス

WOTもマウスで勝敗が分かれる場合も多々あります。一般的なゲーム用マウスで評判がいいマウスといえばRAZER社のデスアダーでしょう。最新のモデルはこれです。私が使ってるのはこの一つ古いバージョン(2013モデル)。ゲーマーで実際に使ってる人も多い定番マウスです。

RAZER デスアダーより少し安く…という事であれば、定番ロジクールのG400が優秀で個人的にもサブで使ってます。最近モデルチェンジしてG402というやたらとゲームっぽいデザインのモデルになりました。 しかしこれがG400より優秀だというレビューを読むのでかなり優秀そうです。(自分で使ってないので想定でしか書けない)
おすすめゲーミングマウスパッド

マウスの挙動が安定しないときはマウスパッドを使いましょう。 そんなに高くないですし、心理的安心感もあるので定番のこいつがいいです。
  • ライブドアブログ